イナンナの冥界下り

シュメール神話『イナンナの冥界下り』を上演するための雑感を書くブログです。

あらすじ

あらすじ(1)イナンナ冥界に向かう

『イナンナの冥界下り』のあらすじを紹介します(吹き出しの中の言葉は、そこに書かれる楔形文字の現代語訳です)
 
(1)冥界に心を向ける
天と地を統べる女神イナンナは、天から地へと
「その耳(心)」を向け、そして冥界へと向かう。
※「心」を向けるというのをシュメール語では
 「耳」を立てる、という表現を使います。
 シュメールの神様は動物の上に乗っています。
 そういえば仏様もそうですね。普賢菩薩の象とか…。
 「耳」を向けるって、自分の乗る動物の耳を向けるのかも。 
001
(2)いろいろなものを捨てる
女神イナンナは、冥界に向かう時にいろいろ捨てる。
※以下、捨てたものの一覧。
 天と地、エンやラガル(ともに祭祀)の地位
 エ・アンナ神殿(ウルク)、エ・ムシュ・カラマ神殿(バド・ティビラ)
 ギグナ神殿(ザバラム)、エ・シャラ神殿(アダブ) 
 バラグ・ドゥル・ガラ神殿(ニップル)、フルサグ・カラマ神殿(キシュ) 
 エ・ウルマシュ神殿(アッカド) 
002
(3)7つの「メ(神力)」を身につける
代わりに7つの「メ(神力)」を身につけた(以下)。
 (1)野で頭を守るかぶりもの、
 (2)ラピスラズリのビーズ、
 (3)2つの卵型のビーズ、
 (4)女主人の衣装であるバラ、
 (5)「男よ寄って来い、寄って来い」という名のコールと胸飾り、
 (6)金の輪、
 (7)測り棒と測り縄

003
(4)大臣ニンシュブルに後を託す
イナンナは従者である大臣ニンシュブルに

「三日三晩、冥界より戻らなければ
神々のとろこに行くように」

と申し渡した。
004

あらすじ(2)イナンナ冥界で死す

『イナンナの冥界下り』のあらすじ紹介の(2)です(吹き出しの中の言葉は、そこに書かれる楔形文字の現代語訳です)
 
(5)イナンナ冥界に到着!
イナンナは「行きて帰らぬ国」、冥界に到着した。
冥界の門、ガンゼル門の前で

「門を開けよ」

と大声で叫んだ
005
(6)冥界の門番ネティ
冥界の門を守るのはネティ。
時ならぬ大声に「何事やらん」と出てみると… 
006
(7)門番ネティ、不審者を尋問する
そこには若い女神がいた。

「お前は誰だ」と尋ねると、
「私は女神、イナンナ。東へ向かう者」と答える。

「冥界の女王エレシュキガルに来訪のむねを伝えん。
 しばらく待て」と告げる 
007
(8)冥界の女王エレシュキガル、ネティに命じる
冥界の女王エレシュキガル(イナンナの姉)は、
イナンナの来訪を聞くと腿を叩き、唇に歯を立て、
ネティに命じる
「冥界の7つの門を閉じ、イナンナ自身に開けさせよ。
 門のひとつひとつで【メ】を剥ぎ取り、
 そして、裸となったイナンナをひざまずかせ、
 その衣を持ち去れ」 
008
(9)つの「メ」が剥がされる
冥界の7つの門、ひとつひとつで【メ】が剥ぎ取られる。

「何をする」
というイナンナに…

「冥界の【メ】は満たされている。これが冥界の掟」

とネティは答える。

すべての【メ】を剥がれたイナンナは
裸にされ、ひざまずかされる。 
009b
(10)イナンナ、「死の眼」で弱き肉にされてしまう
冥界の裁判官(本当は猫じゃないよ)の
「死の眼」
イナンナは弱き肉(死体)にされ、
冥界の釘に吊るされてしまう。

冥界の女王エレシュキガルもなぜか
死の病に倒れてしまうのであった。

<続く> 
010

あらすじ(3)イナンナよみがえる

『イナンナの冥界下り』のあらすじを紹介します。このカテゴリーだけは古いものが上に来ています。
 
(11)ニンシュブル、エンリルのもとに行く
 冥界に行ったイナンナが三日三晩戻らなかったので、大臣ニンシュブルは、破れた衣に身を包み、哀歌を歌いつつ、まずイナンナのおじいちゃんで、神々の王であるエンリルのところを尋ね、助けを求めた。しかしエンリルは「イナンナは天や地を欲しがったのみならず、欲しがってはならず冥界の【メ】も欲しがった。冥界に行った者は戻って来てはならぬ」と言った。
 ※イナンナに天と地をあげたのは、実はこのエンリルなんです。 
011_b
(12)ニンシュブル、ナンナのもとに行く
 エンキに拒まれたニンシュブルが次に尋ねたのは、イナンナのお父さんである月の神ナンナのところ。
 しかし、ナンナにも同じ言葉で拒まれてしまう。 
012_b
(13)ニンシュブル、エンキのもとに行く
 次に尋ねたのはイナンナの義理の父であり、水や深淵、そして知恵の神であるエンキのところ。エンキは「もう!神殿娼婦のイナンナは面倒ばかり起こして、いつも困らせるんだから~」と言いつつも、「でも、かわいそうだね」と同情してくれる。
013_b
(14)クルガラ、ガラトゥルを作る
 大神エンキは、自分の自分の爪から泥を持ってきてクルガラという生命体を作り、自分の二の爪からガラトゥルという生命体を作り、命の草命を水を与えた。
 そして「冥界の扉をハエのように飛び越え、冥界の柱を霊(風)のように飛び回り、冥界に赴き、女王エレシュキガルの言うことを繰り返せ」と命じる。 
014_b
(15)クルガラ、ガラトゥル、エレシュキガルに会う
 クルガラ、ガラトゥルが冥界に到着すると裸にされたイナンナは冥界の釘からぶら下げられ、冥界の女王エレシュキガルは病に横たわっていた。 
 エレシュキガルが「ああ、私の内側が」と呻くと、ふたりはエンキの命じた通り「おお、御身の内側が」と答え、「ああ、我が外側が」というと「おお、御身の外側が」と答えた。
 「お前たちは何者だ」と問う冥界の女王エレシュキガルに「我が内側より御身の内側へ。我が外側より御身の外側へ」と答えるふたり。エレシュキガルは「川いっぱいの水を、また畑いっぱいの大麦を与えよう」というが、ふたりは「いや。ただあの釘に吊るされた死体を…」という。 
 エレシュキガルから渡された死体に「命の草」「命の水」を死体にふりかけるとイナンナは生き返った。
 「内側」「外側」は「心」「体」と訳してもいいかも。でもダメかも。
015_b
(16)イナンナ、エレシュキガル、喜びの舞を舞う
 クルガラ、ガラトゥルの力で、ふたたび命を得たイナンナは、冥界の女神エレシュキガルとともに喜びの舞を舞う(って、原作にはないのですが…)。
016b
(17)イナンナ、冥界より帰還する
 エレシュキガルは、クルガラ、ガラトゥルに「さあ、お前らの女王を連れてお行き」といい、イナンナは冥界から天の世界、地の世界へと帰還するのでした。
 めでたし、めでたし(って、本当は続きがあるのですが、今回の上演はここまで) 
017

イナンナの冥界下りのあらすじ(再掲)

yasuda
<安田登>
ミシマ社さんのコーヒーと一冊シリーズで『イナンナの冥界下り』が出ました。

で、その中でもシュメール神話『イナンナの冥界下り』の「あらすじ」を書いていますが、あそこに書いてあるのは「まともバージョン」です。実は以前に「お遊びバージョン」のあらすじを作ったことがあります。ずいぶん前の話なので、ご存知ない方も多いと思うので、再掲することにします。

おもちゃ屋さんで買った人形と、紙にクレパスで書いたものをデジカメで撮って作ったものです。かなりいい加減なので怒らないように(笑)。

・以下、3回に分けて書いています。タイトルをクリックしてください。

<1>イナンナ冥界に向かう
001n

<2>イナンナ冥界で死す
007

<3>イナンナよみがえる
015_b

…というわけで『イナンナの冥界下り』です。まだの方はどうぞ~!

イナンナ本
 アマゾン→こちらでどうぞ。