イナンナの冥界下り

シュメール神話『イナンナの冥界下り』を上演するための雑感を書くブログです。

2015年05月

あらすじ(2)イナンナ冥界で死す

『イナンナの冥界下り』のあらすじ紹介の(2)です(吹き出しの中の言葉は、そこに書かれる楔形文字の現代語訳です)
 
(5)イナンナ冥界に到着!
イナンナは「行きて帰らぬ国」、冥界に到着した。
冥界の門、ガンゼル門の前で

「門を開けよ」

と大声で叫んだ
005
(6)冥界の門番ネティ
冥界の門を守るのはネティ。
時ならぬ大声に「何事やらん」と出てみると… 
006
(7)門番ネティ、不審者を尋問する
そこには若い女神がいた。

「お前は誰だ」と尋ねると、
「私は女神、イナンナ。東へ向かう者」と答える。

「冥界の女王エレシュキガルに来訪のむねを伝えん。
 しばらく待て」と告げる 
007
(8)冥界の女王エレシュキガル、ネティに命じる
冥界の女王エレシュキガル(イナンナの姉)は、
イナンナの来訪を聞くと腿を叩き、唇に歯を立て、
ネティに命じる
「冥界の7つの門を閉じ、イナンナ自身に開けさせよ。
 門のひとつひとつで【メ】を剥ぎ取り、
 そして、裸となったイナンナをひざまずかせ、
 その衣を持ち去れ」 
008
(9)つの「メ」が剥がされる
冥界の7つの門、ひとつひとつで【メ】が剥ぎ取られる。

「何をする」
というイナンナに…

「冥界の【メ】は満たされている。これが冥界の掟」

とネティは答える。

すべての【メ】を剥がれたイナンナは
裸にされ、ひざまずかされる。 
009b
(10)イナンナ、「死の眼」で弱き肉にされてしまう
冥界の裁判官(本当は猫じゃないよ)の
「死の眼」
イナンナは弱き肉(死体)にされ、
冥界の釘に吊るされてしまう。

冥界の女王エレシュキガルもなぜか
死の病に倒れてしまうのであった。

<続く> 
010

あらすじ(1)イナンナ冥界に向かう

『イナンナの冥界下り』のあらすじを紹介します(吹き出しの中の言葉は、そこに書かれる楔形文字の現代語訳です)
 
(1)冥界に心を向ける
天と地を統べる女神イナンナは、天から地へと
「その耳(心)」を向け、そして冥界へと向かう。
※「心」を向けるというのをシュメール語では
 「耳」を立てる、という表現を使います。
 シュメールの神様は動物の上に乗っています。
 そういえば仏様もそうですね。普賢菩薩の象とか…。
 「耳」を向けるって、自分の乗る動物の耳を向けるのかも。 
001
(2)いろいろなものを捨てる
女神イナンナは、冥界に向かう時にいろいろ捨てる。
※以下、捨てたものの一覧。
 天と地、エンやラガル(ともに祭祀)の地位
 エ・アンナ神殿(ウルク)、エ・ムシュ・カラマ神殿(バド・ティビラ)
 ギグナ神殿(ザバラム)、エ・シャラ神殿(アダブ) 
 バラグ・ドゥル・ガラ神殿(ニップル)、フルサグ・カラマ神殿(キシュ) 
 エ・ウルマシュ神殿(アッカド) 
002
(3)7つの「メ(神力)」を身につける
代わりに7つの「メ(神力)」を身につけた(以下)。
 (1)野で頭を守るかぶりもの、
 (2)ラピスラズリのビーズ、
 (3)2つの卵型のビーズ、
 (4)女主人の衣装であるバラ、
 (5)「男よ寄って来い、寄って来い」という名のコールと胸飾り、
 (6)金の輪、
 (7)測り棒と測り縄

003
(4)大臣ニンシュブルに後を託す
イナンナは従者である大臣ニンシュブルに

「三日三晩、冥界より戻らなければ
神々のとろこに行くように」

と申し渡した。
004