『イナンナの冥界下り』のあらすじを紹介します(吹き出しの中の言葉は、そこに書かれる楔形文字の現代語訳です)
 
(1)冥界に心を向ける
天と地を統べる女神イナンナは、天から地へと
「その耳(心)」を向け、そして冥界へと向かう。
※「心」を向けるというのをシュメール語では
 「耳」を立てる、という表現を使います。
 シュメールの神様は動物の上に乗っています。
 そういえば仏様もそうですね。普賢菩薩の象とか…。
 「耳」を向けるって、自分の乗る動物の耳を向けるのかも。 
001
(2)いろいろなものを捨てる
女神イナンナは、冥界に向かう時にいろいろ捨てる。
※以下、捨てたものの一覧。
 天と地、エンやラガル(ともに祭祀)の地位
 エ・アンナ神殿(ウルク)、エ・ムシュ・カラマ神殿(バド・ティビラ)
 ギグナ神殿(ザバラム)、エ・シャラ神殿(アダブ) 
 バラグ・ドゥル・ガラ神殿(ニップル)、フルサグ・カラマ神殿(キシュ) 
 エ・ウルマシュ神殿(アッカド) 
002
(3)7つの「メ(神力)」を身につける
代わりに7つの「メ(神力)」を身につけた(以下)。
 (1)野で頭を守るかぶりもの、
 (2)ラピスラズリのビーズ、
 (3)2つの卵型のビーズ、
 (4)女主人の衣装であるバラ、
 (5)「男よ寄って来い、寄って来い」という名のコールと胸飾り、
 (6)金の輪、
 (7)測り棒と測り縄

003
(4)大臣ニンシュブルに後を託す
イナンナは従者である大臣ニンシュブルに

「三日三晩、冥界より戻らなければ
神々のとろこに行くように」

と申し渡した。
004